ちびフクと「華ミュール」

ちえぞうの下駄ミュールにペイントを施したミュールが、華ミュールです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ちえぞう&Wing Foot からご挨拶

 
ちえぞうからご挨拶

・ちえぞうの想い・・・

私は以前から外反母趾、内反小指に悩まされていました。
それが原因で、整体に行っても先生から驚かれるほど体中の凝りがひどかったのです。
そんな日々を過ごすなか、着物を着ている時に「あれ?足が痛くない・・・」と痛みを忘れていたのです。
その原因が下駄ということに気づきました。
日本の下駄は、親指と人差し指の間にくる「鼻緒の前つぼ」が特徴。
その前つぼが、指と指の間のツボを刺激し足を心地よくしていたのです。
それから「何か現代に合う下駄はないかな」と考え続け、生まれたのが「ちえぞうミュール」なのです。
「お洒落で、誰もが履きたくなるような下駄を作りたい」という想いから、鼻緒にはリバティプリントや久留米愛絣など様々な生地を採用しました。
更に、長時間履いていても疲れないような工夫がされています。
現代の方たちに、ぜひ履いてほしいと願っております。

 ちえぞう代表 長末 ちえ子
 ちえぞうのHPはこちら


Wing footからご挨拶

『足のトラブル相談室 Wing foot』は足と足爪から全身のバランスを整え、健康で美しく「自分らしい生活」のお手伝いをする足のトラブルケア専門店です。

私は長年、外反母趾・内反小指・巻爪と痛みに悩んでいました。
また、周りにも同じような悩みを持つ人が多いのですが、相談したり、ケアしてくれるところがなく痛みを我慢して生活していました。
そんな時、ふと目にした「フットケアスクールの開校、生徒募集」のチラシ。
これだ!!と直ぐに入校、お勉強を経て現在、足のトラブル相談室 Wing footとして活動してます。

・下駄ミュールとの出会い

まずは、自分の足のトラブルケアとして、テーピング法で外反母趾・内反小指のケアを頑張っている時、紹介されたのが「ちえぞうの下駄ミュール」です。
一般的な下駄のイメージとは違い、スマートでオシャレ、何より履いた時の足入れの良さ、足裏に吸いつくようなフィット感!長時間履いても疲れないと仕事履きとしてテーピングした足に履き続けると、驚くほど速く足指の曲がりの改善がみられびっくりしました。
今は外反母趾はすっかり改善、内反小指の痛みもなくなり、通勤にお買い物にと下駄ミュールで快適な足元です。

足の老化は、運動不足や合わない靴などが原因で20代から始まっていると言われてます。
年齢を重ねるほど足裏・足指・足爪のトラブルが多くなりますから日ごろから足を見て意識する、ホームケアをする、定期的に私のようなサロンでチェックしてもらうことをお勧めしています。
あわせて、靴や靴下などの改善もお勧めします。
足に優しく健康的な靴となると、オシャレなものが少ないのが現実です。
しかし、女性はオシャレな靴が履きたいと思うものです。
是非一度、下駄ミュールをはいてみて下さい、足が喜びますよ。

・華ミュール誕生

私は手作り大好き!自分だけの一点もの大好き!人間です。
トールペイントを10年近く楽しんでいましたが、毎日履く下駄ミュールにペイントしたら楽しいだろうなーと、下駄台に小花をペイントしたことがきっかけで、下駄台にペイントの依頼をちえぞうさんから頂くことになりました。
しかし、私自身はフットケアサロンオープンで筆を持つ時間がなく、何より私では下駄ミュールを引き立てるペイントは出来ないと、以前から交流があった木田弘美先生に下駄ミュールにペイントをお願い致しました。
完成したアートミュールは、心躍る素晴らしい一足であり、下駄ミュールファンには世界に一つ、自分だけの下駄ミュールとして、ペイントファンには新しい素材の一つとして、何よりも大好きなペイントをいつまでも続けていける自分である為に、健康の源である足をいたわる一足としてとの想いから『華ミュール』と名づけ、多くの方に足元から健康でしあわせになって頂きたいと願ってます。

 Wing foot代表 山下 友子
 Wing footのHPはこちら
 Wing footのblogはこちら
スポンサーサイト

| News | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。